余裕のある利用を

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

便利になった消費者金融ですが、利用時に気をつけなければいけない点が多々あります。まず、返済日を忘れてはいけないということです。カードローンなどは、無担保で信用を元に契約を結んでいる状態ですから、返済が遅れれば当然その関係は崩れてしまいます。仮に1日でも遅れてしまうと、延滞金(遅延損害金)の発生や次回融資が受けられないといったデメリットが発生するため、返済日は絶対に忘れないようにしましょう。

カードローン次に、返済できる金融機関をあらかじめ把握しておくことが挙げられます。大手消費者金融では、コンビニのATMを通じて融資や返済を行う事が出来ます。しかし、街金や地方銀行のカードローンによっては、口座振り込みのみを行っているケースもあるため注意が必要です。

また、追加融資を受ける場合、借りる金額だけではなく返す金額の変更があるので気をつけましょう。契約書に書かれた最低返済額を見落とさないことが大切です。そのほか、クレジットカード一体型のカードローンを利用する場合、返済口を間違えないようにしましょう。特に、クレジットの利用とカードローンの利用を並行して行っている場合、返済日が重なるケースが多く、片方をうっかり支払い忘れてしまった、という人も少なくありません。