余裕のある利用を

便利になった消費者金融ですが、利用時に気をつけなければいけない点が多々あります。まず、返済日を忘れてはいけないということです。カードローンなどは、無担保で信用を元に契約を結んでいる状態ですから、返済が遅れれば当然その関係は崩れてしまいます。仮に1日でも遅れてしまうと、延滞金(遅延損害金)の発生や次回融資が受けられないといったデメリットが発生するため、返済日は絶対に忘れないようにしましょう。

カードローン次に、返済できる金融機関をあらかじめ把握しておくことが挙げられます。大手消費者金融では、コンビニのATMを通じて融資や返済を行う事が出来ます。しかし、街金や地方銀行のカードローンによっては、口座振り込みのみを行っているケースもあるため注意が必要です。

また、追加融資を受ける場合、借りる金額だけではなく返す金額の変更があるので気をつけましょう。契約書に書かれた最低返済額を見落とさないことが大切です。そのほか、クレジットカード一体型のカードローンを利用する場合、返済口を間違えないようにしましょう。特に、クレジットの利用とカードローンの利用を並行して行っている場合、返済日が重なるケースが多く、片方をうっかり支払い忘れてしまった、という人も少なくありません。

無利息キャッシングとは

無利息キャッシング無利息キャッシングとは、一部の消費者金融が行っているサービスです。名前のとおり、一定期間の間に返済を行う事で、無利息での利用が可能になります。キャンペーンなどで行っているケースが多く、広告やCMで見かけた、という人も少なくないでしょう。

消費者金融を利用したことが無い場合、「利息が無くなるだけでそれほど変わらないのでは」と思う人も少なくありません。確かに借入れたお金そのものには影響ありませんが、返済時にはちょっと得した気分になります。例として、金利18%の会社で30万円を借入れした場合、約4,000円も得する計算です。本来払うべきお金が返ってくる、と考えると、見逃せないサービスといえるでしょう。

無利息キャッシングは、月末など給料日が近い、もしくはボーナス支給日が近い、といった場合に便利です。決められた期限内にまとまったお金ですぐに返せるのであれば、これほど心強い物はありません。ただし、このサービスを利用する場合、これまでに同じ金融機関で融資を受けたことが無かった、といった条件が必要となります。すでに別のタイミングで審査や申し込みが済んでいる場合、無利息での利用が出来ない場合があるので注意しましょう。

忘れてはいけない金利のこと

消費者金融選びで重要なのが、金利という点です。近年は法改正により、以前よりも低い金利で融資を受けられるようになりました。お金を返す際、負担を出来る限り減らすためにも、金利という部分に着目して企業選びを行ってみましょう。

金利数回に分けて返済を行うといった、中長期で利用を検討している場合、できるだけ金利が安い会社を選ぶ事が大切です。特に融資額が増えることに比例して、利子額も増えていきます。逆に、すでに返済計画が決まっている場合など、短期間での利用の場合、それほど負担は大きくならないため、利用先の選ぶ幅も広がるでしょう。

金利が高い場合、返済額が少ないと、利子しか返していないケースも少なくありません。毎月決められた返済を行う約定返済など、返済方法によっては最低額が少ない反面、元本への影響も少ない、というデメリットがあります。元本が減らないと、いつまでたってもお金を返し終える事ができないため、必ず元本が返せる程度の金額を返済しましょう
また、属性によって金利が変わる場合もあります。最近ではおまとめローンといった名前で提供されているものですが、複数の金融会社を利用していた状態から、一つの会社にまとめた場合、返済額や金利の低い状態で利用が可能です。

消費者金融とはどんなもの?

消費者金融は以前までと異なり、バブル期を境に利用がしやすくなりました。その理由として、無人契約機があります。これまで有人窓口による対面融資がほとんどでしたが、2010年以降はほとんどの企業が契約機を通じての審査申し込みになっています。

審査カードローンなど大手消費者金融の利用は、無人契約機によって短い時間で融資まで行える、というメリットがあります。仕事の都合上、利用したくてもなかなか足が重くて申し込めなかった、という人も、夜遅くまで審査が行えるところも増えているため安心です。近年はインターネットからの申し込みが行えるため、スマートフォンから簡単に審査を受けることが出来ます。

利用がしやすくなった反面、審査の基準が厳しくなったケースも少なくありません。特に、フリーターや主婦といった収入が不安定な人の場合、融資を断られるケースもあります。ただ、企業によっては、属性問わず申し込みができることもあるので、事情によりどうしても融資を受けなければいけない、という場合には一度ホームページなどからよくチェックしてみましょう。
また、消費者金融からの融資を受ける場合、借入れと返済のバランスが重要となります。特に最初の利用時などは、数十万といった単位で融資を受けられますが、これはあくまで借金であることを忘れてはいけません。借りたけれど返せない、となってしまっては元も子もないので、生活のバランスが取れる付き合い方が大切だといえるでしょう。